田村淳が東谷義和に送ったLINEの内容は?島田紳助との関係についても調査

広告
スポンサーリンク

星月 龍哉

2022年3月5日に東谷義和(ひがしたに よしかず)氏がTwitterにて緊急生配信の予告を発表しました。

皆さんこの動画見てください

↓↓↓

https://m.youtube.com/watch?v=OWUJLccWv6Q…

Twitter

その動画はロンドンブーツ1号2号田村淳(たむら あつし)さんのYouTubeチャンネル『切り抜きロンブー号【田村淳 切り抜きちゃん】』に掲載された動画でした。

東谷氏のYouTubeのサブチャンネルでも語られてましたが、田村淳さんと東谷氏は昔からの古い友人です。

この動画内で気になったのは「あれだけは暴露しないで」といって、その後自分から言ってしまった田村さんがあまりバラシて欲しくない島田紳助(しまだ しんすけ)さんに関する東谷氏とのLINEのやりとりでした。

2022年3月5日の22時の生配信でどうやらその内容について暴露される可能性が高まりました。

そこで今回は、

・田村淳が東谷義和に送ったLINEの内容は?
・田村淳の島田紳助との関係は?

について調べてみました。

※東谷義和氏が誰なのか、またガーシーchはどんな内容の番組か知りたい方はこちら2つの記事を参照ください。

目次
広告
スポンサーリンク

田村淳が東谷義和に送ったLINEの内容は?

先述の田村淳さんの動画内で田村さんは自分のことに関する情報は暴露しても構わないといいつつ「あれだけは暴露しないで」といってました。

その後自分で島田紳助さんに関することを東谷氏とLINEでやり取りしたと打ち明けました。

田村淳さんも動画内で東谷義和氏とは友達であると認めています。

まずはおふたりの出会ったころから見ていきたいと思います。

田村淳と東谷義和の出会い

田村淳さんと東谷義和氏が出会ったのは今から25年以上前のようです。

その時の内容を2022年3月4日に東谷義和氏によって新設された『ガーシーのサブチャンネル』にて公開されました。

出会ったのは大阪でのこと。

東谷義和氏は当初ガンバ大阪に所属していた元日本代表のサッカー選手廣長優志(ひろなが ゆうじ)さんから「明日東京から友達来るから、一緒に飲もうよ」と誘われ、飲みにいってたようです。

前日に東谷氏が同級生たちとよく一緒に行く『エンメイ』というバーで同級生たちと飲んでいると、何やら「キャッキャッキャッキャ」と女の子の声が聞こえていたので、見ると知り合いの女の子たちが騒いでいるので「あいつら何を盛り上がってるねん」とみると赤髪と金髪の2人が女の子とすごく盛り上がっていたんです。

その女の子たちが東谷氏たちの知り合いということもあって、東谷氏の友人の1人が「なんか気にくわんわあいつら」と怒り出し、「シバこうや」という話になってツカツカツカと歩いていったら、その店のオーナーさんが飛んできて「ちょっとやめて」と止めに入ったようです。

「なんやどけや」といったところ「あの人はタレントさんなんです。もうすぐ帰ってもらうから何もせんといて」と止められたようです。

そして翌日に廣長さんに誘われ福島にある『ヒマワリ』というバーに行ったところに田村淳さんがいてその時に紹介されたそうです。

よく見ると赤髪だったのでミュージシャンかなんかと思ってきいてみると、「芸人です」と田村さんが答えたそうです。

「昨日ミナミのバーにいませんでした?」と田村さんが東谷氏にいって「いや僕もいたんですよ」と田村さんが答え「昨日僕らのことシバこうとしてませんでした?」といわれはじめて昨日の赤髪と金髪のうちの赤髪のほうが田村淳さんであると気付いたようです。

それが2人の出会いでした。

東谷さんは当時車屋で板金工場とか販売店とか色々もってやっていたそうで、田村さんの車の整備とか、田村さんが映画を撮るのにハマった時に機材車をプレゼントしたり、ビッグスクーターが流行った時に田村さんにフュージョンというビッグスクーターを作ったりしていたそうです。

また田村さんも東京で車買いたいといっている人を紹介したりしていたそうで、ある日田村さんが「もう東さん東京来たら?」と誘いを受け、なんと田村さんの家に一緒に住まないかと誘われたようです。

以来1年ほど田村さん宅に居候した東谷氏、1年間車屋を東京でやりながら稼いだ金額で、桜新町に家を借りて田村さんの家から引っ越ししたようです。

東谷氏は丁度このころに島田紳助さんともお知り合いになり、結構仲が良い関係になりました。

東谷氏は田村淳さんと島田紳助さんをとおして多くのタレントや芸人とお知り合いになることができたようです。

その後は車屋もやめてその時に知り合いになっていたお笑いコンビ『アメリカザリガニ』の平井義之(ひらい よしゆき)さんに店をやらないかと誘われます。

場所は六本木でバーが1個居抜きであり、そこのバーのオーナーが広い場所に引っ越すので平井さんがその場所を提供してもらえることになったようです。

そのバーは『キーストーン』という名前で、ジャニーズの子らも来てるバーだったらしくお金半分づつ出してやらないかと誘われ、バーを始めることになったそうです。

それが六本木の『MACCA』というお店で、意味合いは「儲かりまっか」の「まっか」ということで東谷氏が名づけたようです。

東谷氏も平井さんも芸能界の友人がその頃にはいっぱいいたので呼んで、そのバーにいたタレントがまたタレントを呼び、タレントを呼びということで、また女の子も呼ぶということで東谷氏の芸能界のコネクションができあがったそうです。

その後すすきのにも『MACCA』を出したり、大阪の北新地で居抜きのバーがあったのでそちらでも『MACCA』をやり、沖縄にも(すぐに潰れたようです)拡げたようです。

そして知り合いに西麻布でも居抜き物件があるということで『プライブ』というバーを始めた東谷氏、この『プライブ』で東谷氏の芸能人脈はほぼ確立されたといっても過言ではなかったようです。

TRFSAM(さむ)さんやT.M.Revolution西川貴教(にしかわ たかのり)さん、未成年のころのAKB48のメンバー(当初はコンプライアンスもなかったようです)、UVERworldTAKUYA∞(たくや)さん、ONE OK ROCKTaka(たか)さん、そして俳優の三浦翔平(みうら しょうへい)さん、佐藤健(さとう たける)さん、城田優(しろた ゆう)さん、元ジャニーズの山下智久(やました ともひさ)さんらも来店して、福島の原発が起こる前まで約4年間やっていたそうです。

今の東谷義和氏が深く芸能界にコネクションを築けたのは田村淳さんの出会いがなければ実現しなかったでしょうね。

田村淳が東谷義和氏に送ったLINEの内容は何?

では田村淳さんが「あれだけは暴露しないでくれ」といってたLINEのやりとりは何でしょうか?

東谷義和氏が島田紳助さんと仲がいいのは先述したとおり。

ある日東谷氏が紳助さんと飲んでおり、一緒に飲もうやと田村さんを誘ったようですが、「紳助さんが怖い」ということでその話をLINEでして結局行かなかったようです。

詳しくは22時の生配信で暴露されることになると思われます。

広告
スポンサーリンク

田村淳の島田紳助との関係は?

田村淳さんは島田紳助さんのことを「怖い」といってます。

それは田村淳さんにとっては吉本興業の大先輩だったことも関係あるかもしれません。

島田紳助さんが反社とのつながりがある疑いで芸能界を引退して数年経った2014年のある時に「島田紳助氏復帰」の記事が日刊ゲンダイで報じられていました。

そのことについて田村淳さんが当初「淳と隆の週刊リテラシー」という番組でMCを務めており、タブーとされている「島田紳助氏 復帰」のニュースに触れたそうです。

エキサイトニュース
ロンブー淳 「島田紳助氏 復帰」のニュースをイジる「僕はブラックな交際はないですから」 (2014年8月31日)... 30日に放送されたTOKYOMXテレビ「淳と隆の週刊リテラシー」で、MCを務めるお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、タブーとされている「島田紳助氏復帰」のニュー...

番組冒頭で田村さんは、日刊ゲンダイで報じられた「タブーなしのMXに期待大」という記事を紹介し、「タブーがないですから、だから僕はここもイジりますよ」と、同記事の横に掲載されていた「島田紳助氏 復帰」の記事をイジったそうです。

同じく同番組でMCを務めていたジャーナリストの上杉隆(うえすぎ たかし)さんが「島田紳助さんと淳さんは同じ扱いなんじゃないですか?」と記事を指すと、田村さんは「僕はそういうブラックな交際はないですから」と機転の利く返しで爆笑を誘ったようですが、「今の大丈夫ですか!? 怖いですね。また怒られます」と若干後悔している様子でした。

誰に対してか、おそらく島田紳助さんではないかと思われます。

それだけ田村淳さんは島田紳助さんを尊敬もすれば恐れてもいたようですね。

広告
スポンサーリンク

まとめ

以上が田村淳が東谷義和に送ったLINEの内容は?島田紳助との関係についても調査についてでした。

LINEの中身については22時の生配信で明らかになると思われますので、期待したいところです。

最後までお読みいただきありがとうございました

田村淳関連記事

▼東谷義和と田村淳の対談はあるのか?実現の可能性と二人の関係について
広告
スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

読書、ネットサーフィン、ゲームが好きで、最近は観葉植物にはまっている40代後半にさしかかるサラリーマン。 ごく普通な平凡な家庭で育つ。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでビジネスや投資に興味を持つ。
FXや仮想通貨を始めるが両方とも勝てず挫折。
メルカリで不用品を中心に売買 をはじめ物販の楽しさを覚える。
ある時Instagramでのひとつの広告との出会いからブログアフィリエイトをはじめることになり、現在に至る。

コメント

コメントする

1 × 2 =

目次
閉じる