吉田善右の経歴や顔画像は?勤務先のホストクラブの名前と場所も調査

広告
スポンサーリンク

星月 龍哉

2022年4月2日のガーシーサブchにてタレントで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんのことが取り上げられました。

東谷義和氏は動画内できゃりーぱみゅぱみゅさんよりもその動画内に登場する人物『吉田善右(よしだ ぜんゆう)』なる人物にフォーカスを当てていました。

いったいこの『吉田善右』とは何者で、経歴や顔画像、また彼の勤務先が『ホストクラブ』ということで店の名前と場所が気になりました

そこで今回は

・吉田善右の経歴や顔画像は? 
・吉田善右の勤務先のホストクラブの名前と場所は?

について調査しました。

※東谷義和は誰なのか?ガーシーchはどんなチャンネルかについては下記の2記事を参照ください。

目次
広告
スポンサーリンク

吉田善右の経歴や顔画像は?

吉田善右さんって何者なんでしょうか?

この方が吉田善右さんです。

聞けば職業はホストだとか?

また東谷義和氏との関係も気になりますね。

まずは吉田善右さんのプロフィールから見ていきたいと思います。

吉田善右プロフィール

名前:吉田善右(よしだ ぜんゆう)
生年月日:12月16日
年齢:非公開
出身地:新潟県見附市
身長:174cm
血液型:A型
趣味:サウナ、散歩、瞑想、食べ歩き
職業
 昼:自営業(アパレル事業・イベント運営・SNSマーケティング)
 夜:歌舞伎町「CANDY」ホスト

吉田善右はどんな人?

東谷義和氏は吉田善右さんとはフィリピンやハワイ、韓国など様々な国へ旅行に行ったほど交流関係が深かったようです。

東谷義和氏も吉田善右さんを面白い奴と話していて、好印象はあるものの、独特な人物だといってます。

例えば同じTシャツやズボンを何十着も持っていて、そのため服装は毎日一緒のことがザラだったとか。

典型的な超ミニマリスト、それが吉田善右さんの特徴でもあります。

本当に同じものしか買わないらしいです。

東谷義和氏にとって吉田善右さんは後継者候補!?だったようです。

なんの後継者かというと俳優やタレント達へのアテンドの仕事のことです。

東谷氏は吉田さんを俳優の佐藤健(さとう たける)さんやワンオクTAKA(たか)さんに紹介したそうです。

しかし皆からの声を聞くと「使えん」「役立たずや」「ぽんこつ」とボロッくそだったようです。

吉田善右さんの言い訳によると東谷氏から紹介を受けた人物がみな大物過ぎて緊張してしまい、変な女の子を読んだら大変なことになると思い、東谷義和氏のようなアテンドはできなかったようです。

吉田善右の兄弟の顔画像は?

吉田善右さんには2人の弟さんがいるようです。

右の髪の短い男性が次男さんで横のロン毛の男性が三男さんです。

吉田善右さん自身ユニセックスのような姿でナヨっとしてますが、三男さんも同じような感じですが、次男さん含めイケメンぞろいですね。

吉田善右の交友関係

吉田善右さんは芸能関係での友人が何人かいます。

東谷義和氏によると吉田善右さんの友人には俳優の成田凌(なりた りょう)さんや坂口健太郎(さかぐち けんたろう)さんやTHE ORAL CIGARETTES の山中拓也(やまなか たくや)さんがいるようです。

吉田さんは結構若手の俳優やアーティストと繋がりがあるようです。

芸能界とつながりがあることからも東谷義和氏が彼を後継者と表現したのではないでしょうか?

そのためか東谷義和氏は様々な人々を吉田善右さんに紹介してきたため、幅広い交友関係を築けているのではないでしょうか?

東谷氏によると現在吉田善右さんはお金持ちの方との繋がりが多いようで、彼らは「善右は仕事してないけど、俺らが飯を食わしている」「俺らのヒモや」的な発言をされているとか。

※吉田善右の女性関係の記事はこちら。

広告
スポンサーリンク

吉田善右の勤務先のホストクラブの名前と場所は?

吉田善右さんは2021年11月から歌舞伎町にあるホストクラブ『CANDY』でホストとして働いています。

昼はアパレル事業・イベント運営・SNSマーケティングなどの自営業を、夜は『CANDY』でホストを務めるなど二足の草鞋を履いているというわけです。

勤務先の『CANDY』の場所は歌舞伎町にあります。

CANDY
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2丁目23−1 風林会館 6F

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

読書、ネットサーフィン、ゲームが好きで、最近は観葉植物にはまっている40代後半にさしかかるサラリーマン。 ごく普通な平凡な家庭で育つ。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでビジネスや投資に興味を持つ。
FXや仮想通貨を始めるが両方とも勝てず挫折。
メルカリで不用品を中心に売買 をはじめ物販の楽しさを覚える。
ある時Instagramでのひとつの広告との出会いからブログアフィリエイトをはじめることになり、現在に至る。

コメント

コメントする

1 + twenty =

目次
閉じる