尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の経歴や職業について!年収や会社の場所についても調査

広告
スポンサーリンク

星月 龍哉

2022年7月7日の七夕の日に、ついに『バチェロレッテジャパン』シーズン2(以下バチェロレッテ2)が22時にAmazonプライムビデオにて配信されます。

今回2代目のバチェロレッテに選ばれた尾崎美紀(おざき みき)さん、なんと年商15億円も稼ぐカリスマ経営者だとか!

尾崎さんの経歴や職業、年収や会社の場所が気になりました

今回は

・尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の経歴や職業は?
・尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の年収や会社の場所はどこ?

について調査しました。

※バチェロレッテ2の情報をまとめたページはこちら!

目次
広告
スポンサーリンク

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の経歴や職業は?

今回バチェロレッテに選ばれた尾崎美紀さん、容姿が美しく、以前はグラビアやお天気お姉さんとして名を馳せました。

現在はコスメブランドを経営し、年商15億円を稼ぐカリスマ経営者だとか。

まずは尾崎美紀さんのプロフィールから見ていきたいと思います。

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )プロフィール

名前:尾崎美紀(おざき みき)
ニックネーム:みき、みきてぃ、ざきみき、おざみき
生年月日:1993年1月18日
年齢:29歳(2022年6月現在)
出身地:愛知県名古屋市
身長:170cm
サイズ:B:80 W:58 H:85 S:24.5
血液型:A型
最終学歴:中央大学総合政策学部
趣味:バイオリン、洋画鑑賞、クラッシクバレエ
特技:ピアノ、歌
好きな食べ物:甘いもの、辛いもの
家族構成:5人(父親・母親・美紀・弟・妹)

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の略歴

2012年よりプラチナムプロダクションに所属し活動を始める。
2014年3月31日より日本テレビ『PON!』に火曜日のお天気お姉さんとしてレギュラー出演。
2014年7月14日発売の週刊プレイボーイ(集英社)のグラビアでデビューを果たす。
2014年9月7日、ワンライフモデルオーディション2014でグランプリに選ばれる。
その後東京ランウェイや神戸コレクションなど出演。
2015年12月31日付でプラチナムプロダクションを退所。事実上の芸能界引退を表明。
就職活動で大手企業からも内定をもらうが、起業の道を選択。
2017年3月に美容メディア、D2C事業を取り扱うDINETTE株式会社を立ち上げ、代表取締役となる。美容産業に力を入れる女社長に就任。
2022年6月9日、二代目バチェロレッテジャパンであることが発表される。

Wikipedia

※尾崎美紀の学歴や芸能活動の略歴についてはこちら!

2017年ビューティー特化型動画メディア『DINETTE』立ち上げ

尾崎美紀さんは2017年にビューティー特化型動画メディア『DINETTE』を立ち上げました。


当初はDINETTEのインスタアカウントはフォロワーが0人のときから10万人になるまで、ほとんど尾崎さんひとりで運営していたとか。

最初はカメラマンも雇えない状態からのスタートだったので、スマホで自撮りしながらお金のかからない数百円の格安コスメ紹介をしたりしていたそうです。

そのあとは社員も増やしてメディアを立ち上げましたが、タイアップ広告による広告収入だけだとすぐに限界があり、資金調達をしようと駆けずりまわったが、「本当にメディアだけで伸ばせるの?」とどのVC(ベンチャーキャピタル)にも相手にしてもらえなかったようです。

結局ほぼ1年間の間資金調達が出来ず、しかも、その間に社員も徐々に増えていたので、もう資金繰りはギリギリだったとか。

毎月売上が入った瞬間にいろんな支払いでお金が消えるために、自分の給料の支払いを後ろ倒しして、なんとかやりくりをしてたそうです。

PHOEBE BEAUTY UPを開発し転機を迎える

その後尾崎美紀さんは冷静に事業に向き合い、「自分がやりたかったのはコスメブランドだ」ということを思い出したそうです。

ビューティー特化型メディアを始めたのも、後々プロデュースしたいと思っていたオリジナルコスメをファンの方にとってもらいたいからはじめたとか。

応援してくださるフォロワーの方々も増えてきたし、もうコスメをつくってしまえ!

尾崎さんはVCからの投資を募るのをやめ、融資に切り替え、銀行から借りたお金を全てまつげ美容液PHOEBE BEAUTY UP』の開発に充てました。

そこから大躍進がはじまりました。

商品が好評を得て、会社をグロースさせることができ、販売実績をもとに徐々に資金調達もできるようになったとか。

「あのときコスメ開発に投資しなかったらどうなってたんだろう・・・」

こうして尾崎美紀さんが経営しているDINETTE株式会社はその後も成長を続け、年商15億円も稼げる会社に至ったのです。

広告
スポンサーリンク

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の年収や会社の場所はどこ?

尾崎美紀さんが経営しているDINETTE株式会社は年商15億円を稼いでいます。

そうすると尾崎美紀さん自身の年収と、DINETTE株式会社の場所が気になります。

まずは尾崎美紀さんの年収から見ていきたいと思います。

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の年収は?

尾崎美紀さんの会社であるDINETTE株式会社は年商15億円も稼ぐ会社です。

となると尾崎美紀さん自身の年収はいくらぐらいになるのでしょうか?

年商-経費-人件費=年収 で計算してみることにします。

仮に販売商品にかかる費用(原価・販売費・広告費・メーカー利益)を50%とします。

15億円-7.5億円-人件費=7.5億円

求人HP「DODA」によるとDINETTE株式会社の従業員数は21名です。

従業員の平均年収を500万として計算すると、500万×21名=1.5億

会社の店舗代など諸々2億円くらいと見積もると、

15億(年商)-7.5億(経費)-1.5億(人件費)-2億(店舗代など)=3億

となります。

仮に一部をDINETTE株式会社に再投資したとしても、尾崎美紀さんの年収は億超えは間違いないと思われます。

尾崎美紀(バチェロレッテ2 )の会社の場所はどこ?

尾崎美紀さんが代表を務めるDINETTE株式会社は渋谷の渋谷大井ビルの3階にあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

読書、ネットサーフィン、ゲームが好きで、最近は観葉植物にはまっている40代後半にさしかかるサラリーマン。 ごく普通な平凡な家庭で育つ。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでビジネスや投資に興味を持つ。
FXや仮想通貨を始めるが両方とも勝てず挫折。
メルカリで不用品を中心に売買 をはじめ物販の楽しさを覚える。
ある時Instagramでのひとつの広告との出会いからブログアフィリエイトをはじめることになり、現在に至る。

コメント

コメントする

4 × 4 =

目次
閉じる