日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xは誰?名前や顔画像を調査

広告
スポンサーリンク

星月 龍哉

2022年4月7日号の週刊文春にて日本経済新聞(以下日経新聞)社内にてまたもやパワハラ事件が発生したようです!

今回事件を起こした某センターのグループ長・X氏は出勤停止2カ月という極めて重い異例の処分を受けています。

このパワハラをおこしたグループ長・X氏が誰なのか?名前や顔画像が気になりました

今回は

・日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xの事件概要
・日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xは誰で名前・顔画像は?

について調査しました。

目次
広告
スポンサーリンク

日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xの事件概要

「X氏は今年に入り、まん延防止等重点措置の最中にもかかわらず、深夜までルール破りのはしご酒に後輩を無理やりつきあわせ、さらには、そうした席でパワハラやセクハラに該当する言動を行っていたのです」(日経社員B氏)

週刊文春2022年4月7日号

某センターのグループ長・X氏が起こした事件概要は次の通り。

・まん延防止等重点措置の最中に深夜までルール破りのはしご酒
・後輩を無理やりつきあわせる
・酒席でパワハラやセクハラに該当する言動を行う

日経新聞社内では以前もパワハラが問題になり、エース級の若手社員の相次ぐ依願退職(2021年1年で53人)やハラスメント相談の多さ(同30件)で頭を悩ませている状態。

「ハラスメントの相談件数が示す通り、社内ではX氏の件のみならず様々なハラスメントが起きています。紙面づくりのトップである井口編集局長の高圧的な物言いやパワハラ体質が、そのまま下へ、下へと伝播しているように感じます」

週刊文春2022年4月7日号

どうやら日経新聞のパワハラ体質は常務取締役兼編集局長の井口哲也(いぐち てつや)氏から始まったようで、今回の報道にさすがにこたえたのか井口氏からも以下のコメントが。

「(私が)現場の声に耳を傾けていないというのは、もっともな部分もある。私自身が言い過ぎることがないように会議を変える。現場の声を聞く体制を作る。私が言い過ぎて現場が萎縮していると言ってもらって感謝している」

週刊文春2022年4月7日号

やはり上層部が変わらないとこのパワハラ体質は収まりそうにないようですね。

また日経新聞の長谷部剛(はせべ つよし)社長も2022年3月29日の株主総会で以下のような質問が飛び出したと言われてます。

一方、29日の株主総会では相次ぐ若手の依願退職について質問が飛び出した。だが長谷部剛社長は、「背景には若者を中心に、世の中の就職観が変わってきていることがある」

「ジャーナリズムで働くことを大切にするというより日経での経験をベースにして別な仕事にキャリアアップしたい人が増えている」

週刊文春2022年4月7日号

時代は情報社会になってから矢継ぎ早にどんどん変化していってます。

日経もそうですが、仕事で学んだ経験を生かして別な仕事にキャリアアップしようと考えている人はこれからもどんどん増えていくものと思われます。

広告
スポンサーリンク

日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xは誰で名前・顔画像は?

では問題の某センターのグループ長・X氏とはどんな人で誰なんでしょうか?

日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xはどんな人?

X氏はどんな人物かについて、日経社員のCさんが文春の質問に応えていました。

「X氏は現在50代半ば。普段は勤務態度に特段問題のある人ではないのですが、突然キレたように一方的に持論を展開することもあり、どこがスイッチなのかよくわからなかった」

週刊文春2022年4月7日号

どうやら少し気質に問題のある方のようですね。

今回のパワハラ問題でX氏はすでに発表されていた4月からの某支局長への就任が取り消されたようです。

日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xの名前や顔画像は?

ではX氏はいったい誰で名前と顔画像があるのか?

WEBで「日経新聞 グループ長X 誰」で検索をかけましたが、「人事、日本経済新聞社」というページがヒットし、調べてみましたが懲戒とか内部情報で公表したくない情報は開示されておらず、残念ながらX氏が誰なのか見つけることはできませんでした。

刑事事件とかでない限りこのグループ長X氏が誰なのかは判別できないものと思われます。

広告
スポンサーリンク

まとめ

以上が日経新聞のパワハラでの懲戒処分を受けたグループ長Xは誰?名前や顔画像を調査についてでした。

ではここでもう一度井口哲也氏のコメントを再度出させていただきます。

「(私が)現場の声に耳を傾けていないというのは、もっともな部分もある。私自身が言い過ぎることがないように会議を変える。現場の声を聞く体制を作る。私が言い過ぎて現場が萎縮していると言ってもらって感謝している」

週刊文春2022年4月7日号

上層部が本当にいい意味で変わり、パワハラ体質などの問題が解決できれば、もっといい記事が書かれ伝わっていくのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました

広告
スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

読書、ネットサーフィン、ゲームが好きで、最近は観葉植物にはまっている40代後半にさしかかるサラリーマン。 ごく普通な平凡な家庭で育つ。
「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでビジネスや投資に興味を持つ。
FXや仮想通貨を始めるが両方とも勝てず挫折。
メルカリで不用品を中心に売買 をはじめ物販の楽しさを覚える。
ある時Instagramでのひとつの広告との出会いからブログアフィリエイトをはじめることになり、現在に至る。

コメント

コメントする

ten + 19 =

目次
閉じる